忍者ブログ

北の我が家

2013 北海道滞在中の些事片々

[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 08/21/09:51

北海道最終盤


盆を過ぎてからの北海道は、
雨をもたらす前線の停滞があり、台風崩れの低気圧があり、
局地的な豪雨もあって、
結果として夏色から秋色へのグラデーションが急だった。
それは、北海道のイメージとはかけ離れて、
あまり暮らしやすくないことでもあった。
昨夏も、
盆過ぎに一人で北海道車中泊を経験したが、
降り続く雨にうんざりしたものだ。
あの雨をもたらす前線は、
やがて本州に下って秋雨前線 (秋霖) となるのだろうか。

明後日の午前中には、
新冠町から提供を受けていた住宅を明け渡す。
約60日。 二か月に及ぶ長滞在だった。

サラブレッドを育成する牧場の真っただ中での生活で、
どこに行くにも牧場の脇を通り、
草を食む馬を朝に夕に眺めることができた。
海岸線から8kmも内陸に入れば、海霧に包まれる光景は少なかったが、
牧場風景の中での生活は堪能した。

今夏の北海道滞在で最大の収穫は、
パークゴルフに親しんだことだろう。
技量の上達は遅々として進まなかったが、
連日、アップダウンを3時間近く歩き続けることで、
体重の3㎏減を達成した。 これは何物にも増して嬉しい。

8月31日。 見てくれる人とていないが、
3㎏減の、
多少は見苦しくなくなった体躯で下関に帰る。
今夏は最高の夏だった、と言っていい。
PR


コメントの投稿

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック


トラックバックURLはこちら