忍者ブログ

北の我が家

2013 北海道滞在中の些事片々

[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 09/25/05:58

能取岬灯台


今朝、網走の道の駅を出発したのは10時前だ。
私の旅行で、こんなに遅い出発はめったにない。 飲みすぎだ。
家内への、9時過ぎの定時連絡も30分以上遅れた。
「酔いが残っているのなら運転しないで」 という忠告に、
「大丈夫だ」 と答えてはみたものの、洗面所の鏡に映った顔はどす黒かった。

私が、日本の灯台の中で一番好きな能取岬灯台には30分もかからない。
今回で3度目の訪問だが、好きなものは何度見てもいい。








美しいとか、雄々しいとか、そんなチャラチャラした表現では表現しきれない
気品や気高さを備えた灯台だ。
日本全国360余基の灯台の中で、能取岬灯台に勝る灯台を私は知らない。
強いてあげれば、本州の西北端に位置する角島灯台か。

7年前の初回は、北海道の灯台めぐりで海岸線を一周する旅だったから、
灯台のぐるりは回ったが、能取岬は見なかった。
昨年の2回目は、灯台前の駐車場で一夜を過ごした。
今年の3回目は、灯台の先にある 「オホーツクの塔」 まで行った。






能取岬灯台からは立ち去りがたかったが、今日は暑い。
日高と道東で40日を過ごした体には、網走の朝9時過ぎの30℃は辛い。
未だクーラーは入れないが、せめて窓から入る風が欲しくて走り出した。
能取湖をほゞ一周、サロマ湖の南岸も長い。
紋別の道の駅で泊まることも想定して、
道の駅・かみゆうべつチューリップの湯で入浴。
サウナに入って、相当の汗を流したのに、未だ汗ばむ。
クーラーを入れ、興部(おこっぺ) まで走る。 ここも暑い。 33℃ある。
オホーツクの沿岸は、どこまで走っても同じだろう。
今日の泊りは道の駅・おこっぺ と決める。

紋別のイーオンで買った絹ごし豆腐を冷奴で。
鰹節は家内が車に積んでくれた。
小ネギはイーオンで買って、自分で刻んだ。
車中泊旅行で、小ネギを刻んだのは初めてだ。
明朝の味噌汁は、豆腐たっぷり、小ネギたっぷりの、私らしい味噌汁になる。
さぁ寝ようと思ったら、道の駅の裏の広場で盆踊りが始まった。


   そよろそよ風 牧場(まきば) に町に
   吹けばちらちら 灯がともる
   赤くほんのり 灯がともる ほら灯がともる
   シャンコシャンコシャンコ
   シャシャンがシャン
   手拍子そろえて シャシャンがシャン

  
   笛も流れる 太鼓も響く
   風が流れる なか空に
   手拍子そろえて ほら回れ ほら回れ
   シャンコシャンコシャンコ
   シャシャンがシャン
   手拍子そろえて シャシャンがシャン

北海道は土地が広いから、駐車場も広場も十分すぎるほど広い。
広い広場に、過疎の町の踊りの輪は小さい。
見よう見まねで、私も踊りの輪に入ればよかったが、
盆踊りが終わるまで遠くから見ているだけだった。
親子連れや、若いカップルが踊っている。
見ていれば見ているほど、えもいわれぬ寂寥感に襲われた。
明日は枝幸か、その北まで行くが、そこで盆踊りがあれば、踊りの輪に入ろう。
明日は16日。 盆踊りは、もう、無いか‥‥。
PR


コメントの投稿

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック


トラックバックURLはこちら