忍者ブログ

北の我が家

2013 北海道滞在中の些事片々

[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 12/11/11:02

網走・蒸気船


今でこそ、静内の居酒屋の 「赤ひげ」、新冠のラーメン屋 「寶龍」 と、
馴染みの店ができたけど、
これまでの私には、北海道で名前と場所を覚えている店は、
函館朝市のうに丼の 「むらかみ」 と、
網走の居酒屋 「蒸気船」 しかなかった。

その 「蒸気船」 に昨夜、再訪した。
「一年ぶりに、津軽海峡を超え、三日かけて来た」 と告げると、ご主人は喜んで、
焼酎をお代わりをするたびにグラスに注がれる量が増えていく。
こういう店が好きなんだ。
一年間、店の名前と場所を覚えていた甲斐があろうというもんだ。
注文したイカソーメンも、宗八カレイの焼き物も、
サービスで出てきた 「まずい一品」 のアラ炊きも上手かった。
札幌から来たという旅行者と並んで、話が弾んだ。
痛飲した。

もう一軒ハシゴして、そこでは二人の飲み客と仲良くなった。
サービスで富良野メロンが出てきたのは覚えているが、
何を食べて飲んだか記憶にない。
朝起きたら、一人では食べきれないほどの大きなだし巻きが車内にある。
酔った勢いで 「持って帰って家内に食べさせる」 とでも言ったのか。
それと、途中のミスドで買ったドーナツが2個。
これも記憶にない。

網走は、ちょうど夏祭で、
南4条通りでは夜店が2列、歩道に向けて店を開いている。
店の数はゆうに100はあろうか。
これほどの夜店が並んでいるのを見たことがない。
昔懐かしい夜店が、未だ存在していたのだ。

朝起きたら、もう朝陽が昇っていた。
能取岬灯台で拝むつもりの朝陽を道の駅・流氷街道・網走で見た。


二日酔いを覚ますためにまた寝た。
起きたら、祭礼の御神輿が行進していた。


世間は祭りだ。
昨夜の私も、前夜祭だったのか。
PR


コメントの投稿

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック


トラックバックURLはこちら