忍者ブログ

北の我が家

2013 北海道滞在中の些事片々

[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 12/11/11:03

買い出し


7月10日。 新ひだか町三石の朝。
屋根をたたく雨の音で目が覚めた。
全天を雨雲が覆って、遠い山は雲がかかって見えない。
暗い朝だが、北海道の夜明けは早い。 
私が住んでいる街との、日の出と日没の時間差は1時間は優にある。
小さい島国を東西に分けて時差を設ける必要はなかろうが、
東日本はサマータイムを設けてもよさそうな朝の早さと明るさだ。
それだと、時差があるのと同じことになるが‥‥。

新ひだか町役場には10時に参上すると伝えてあるので、それまで時間つぶしだ。
静内駅で、静高生と農高生の通学風景をボケーッと眺めるが、
それもつかの間、また長い時間がゆっくりと流れる。
痺れを切らせて、9時半に役場に到着。
わがまちPR戦略室で契約書に押印、説明を受けて、静内川にほど近い住宅へ。

一か月間の居住体験に必要な用具・備品はすべて揃っている。
無いのは寝具だけで、これは車中泊車に十分な備えがあるから搬出すればいい。
新規に用意するのが調味料と食糧で、
あれもこれもと、贅沢に慣れた食生活では、用意するだけでかなりの買い出しだ。
一か月もの長丁場、となれば致し方ない。
買い物カートに買物籠を二つ積んで、車まで3往復した。

静内は、苫小牧から南東、襟裳岬までの間の街では、最も買い物がしやすい街だ。
何でも揃う。
セルフのGSでは、プリカでガソリンを入れた。
美味しそうなケーキ屋も見つけた。
この便利さは、現代人にとっては最も必要だと思う。 
楽をし、そこそこに贅沢をしようと思えば‥‥。

この日は、長旅と買い物に疲れて、バタンキュー。
PR


コメントの投稿

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック


トラックバックURLはこちら