忍者ブログ

北の我が家

2013 北海道滞在中の些事片々

[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 12/11/11:00

一泊二日


郷里の友人が、私の新ひだか町での生活ぶりを見にやってきた。
その彼を、新千歳空港まで迎えに行った。
先般、ワイン仲間の来訪を空港で出迎えて、これで二度目だ。
新千歳空港のターミナルビルは1階から4階まで、大体の様子はわかった。
福岡空港よりも、新千歳空港の方が詳しくなったのだから面白いものだ。
内地からの客を出迎える姿は、もう、すっかり北海道民だ。

先日家内を案内した、新冠のサラブレッド銀座をドライブし、
レ・コードの湯で入浴し、「北の我が家」 着が17時。
18時には 「赤ひげ」 に席と料理を予約してある。
予算だけを言って、お任せにした料理は、
北海道の、静内のカラーを前面に出したいい献立だった。
郷里の友人も喜んだだろうが、私自身が感激した。
この店は大事にしなければならない。

食事を終えて店から出ると、
みゆき通りの歩行者天国では夏祭のフィナーレ間近だった。
北海道の静内と阿波踊りとは珍奇な組み合わせだが、
静内の開拓が始まった明治期に遡る歴史的背景があるという。
淡路島の洲本は姉妹都市だという。
静内に対して持ち始めていたイメージを一変させるような、
エネルギッシュなフィナーレで、いいな、と思った。
同じ踊りのパレードでも、わが町のそれと比較すれば、
駆り出された銀行員などがお義理で、無表情で手足を動かしている
わが町よりは、はるかにいい。

今朝は6時前に出発。 襟裳岬に向かった。 7時半に到着。
風の岬だから風が強くて当たり前だが、かなり強かった。
風に混ざって雨滴も眼鏡のガラスを濡らしたが、ガスは発生せず、
風極の地を訪れて、
あの程度の風と雨で済めば喜ばなければならないだろう。
灯台と、日高山脈の末端が海に伸びる岩礁を眺めてUターン。
新千歳空港には11時に着いた。
昨夜は飲みすぎて、食べ過ぎて、朝食は誰もが要らないといったから、
3階の、和のレストランで朝食を兼ねた昼食。
一泊二日の駆け足で、郷里の友人は帰って行った。
あとに残ったのは 「道民」 だ。

帰路、鵡川の道の駅で温泉に入った。
HO (ほ) を持参して一人は無料。 JAF の会員証を提示して100円引き。
400円で夫婦で入浴できれば安いもんだ。
入浴代が安く済んで申し訳ないから、売店で鵡川のシシャモを買う。
これまで、
スーパーで買って食べていた シシャモ と称する魚はなんだったのだろう。
もう、産地のはっきりしないシシャモは買わない、食べない。
PR


コメントの投稿

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック


トラックバックURLはこちら