忍者ブログ

北の我が家

2013 北海道滞在中の些事片々

[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 12/11/11:06

北海道の臍(へそ) まで来た


霧は、胆振・日高から釧路・根室の太平洋岸の専売特許か、
と思っていたら、今朝の上川の剣淵でも発生した。


周囲の山々をすっぽり包んだ霧に見とれているうちに、
霧が半端ではない雨に変わったから他人ごとではない。
雨脚の強さに、今日一日は動くまい、と決めた。
一日くらい休養日に充ててもいいな、と思ったのと、
道の駅・けんぶち の居心地の良さと環境の良さに、
ここに一日留まるのもありか、と思ったのだ。 

ところが、夏の天気と女心の変わりようは目まぐるしくて、読めない。
西に雲の切れ間が現れて青空が。 青空を見れば動きたくなる。
「パッチワークの丘」 は美瑛が商標登録済みだが、
剣淵にもあるのだという。 
近くだから出かけたが、幹線道路から外れると水たまりの道だ。
大型の特殊車両が落としていった泥の塊もそこかしこに。
昨夕、バケツに4杯運んで洗ったわが愛車は無残な姿に逆戻り。
汚れのない車体は、一晩もたなかった。 嗚呼。

これが、剣淵町が言うところの 「パッチワークの丘」




規模の大きさや、植え付けの多彩さからは異論もあろうが、主観の問題だ。
私は剣淵町に、(かわいらしい) パッチワークの丘があってもいい、と思う。
土地の方に、場所を聞いたら、
「パッチワークの丘 ? それは富良野でしょう」 と返ってきた。
その場所は、映画 「じえじえ」 のロケに使われたそうで、剣淵町として、
鬼の首をとったように思っているなら、町民に周知徹底を図るべきだ。
独りよがりの思い込みでは旅行者が振り回される。

道の駅に雨が降り出す前、だから早朝だが、
陸自の輸送車両の隊列が駐車場に入ってきた。 8両ほどか。
それと一緒に一般車両も6台ほどつられて入ってきた。
私のような、陸自の追っかけがいるのかと思って見ていたら、
隊列を組んで出発する輸送車両の間に一般車両が割り込んで出て行く。
そして、しんがりを守るは陸自のジープだ。
私は作戦任務を知らされていないから勘ぐるしかないが、どうやら、
隊員とその家族の転勤・転属で、引っ越しをしているのではなかろうか。
だとしたら、国費を使っての引っ越しで、問題があるかもしれないが、
平和・日本だから、
それも作戦ごっこの一環として大目に見てもいいか。 
辺境の、過酷な季節もあっただろう北海道に勤務したのだから。
遠目で見ていただけなので、間違っていたらご勘弁を。

今日は新十津川温泉に入って、
長沼町の道の駅・マオイの丘公園 で車中泊。
地元の産直の店がたくさん並んでいて、
なすびの漬物6本が300円。 きゅうりの漬物5本が300円。
安いとみるとすぐ買うが、食べきれるのか? 食べきれずに‥‥。
安物買いの銭失い、とはよく言うが、私の事?。

北海道の臍(へそ)は 富良野あたりらしいが、
交通上は、この長沼町あたりが臍と言えるかもしれない。
明日は小樽から余市だ。 余市はニッカの工場見学で試飲だ。
工場のすぐ横に道の駅がある。 酔いつぶれてもいい。
息子への土産のウヰスキーも買える。
PR


コメントの投稿

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック


トラックバックURLはこちら