忍者ブログ

北の我が家

2013 北海道滞在中の些事片々

[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 09/25/06:08

食べくらべ


九州からワイン仲間二人の来訪を受けた昨夏と今夏、
新千歳空港を朝9時半過ぎに発つ福岡直行便を見送ること2回目だ。
北海道で最後の朝食は2回とも、札幌市中央卸売場外市場にある
「北のグルメ亭 (こちら)」 を利用したことになる。

昨夏は、
札幌で泊まって新千歳空港に向かう途中だからどうってことはなかったが、
今夏は、新冠の 「北の我が家」 を出発して、
札幌まで足を延ばして、それから新千歳にとんぼ返りだから、
朝5時の出発と相成る。
ご苦労なことだが、女性陣は 「いくら一番 食べくらべ丼」 が目的で、
男衆は 「うに丼」 の虜だから、多少の遠回りは苦でないらしい。

市場の近くの食堂はどこもボリューム満点で、
ご飯の量も尋常ではなく多い。
たっぷり乗ったウニやイクラが足りないくらいなのだ。
ここで、ウニとイクラをたっぷり食べてもらって、
北海道の食に堪能してもらおう、悔いを残させまいというのが、
来訪を受けた側の魂胆なのだ。

北海道ならどこででも 「イクラ丼」 と「ウニ丼」 は食べられるし、
もっと安いところも、もっと美味いところもあるのだろうが
今の私たちは、当面、これで満足なのだ。

朝ごはんに大枚をはたいたのなら夕食は質素に、というのが通例だが、
北の我が家には下関で戴いて持参した、上等な辛子明太子がある。
それに加えて、九州からの二人が手土産に持って来てくれた、
これまた上等な辛子明太子がある。
どちらも高価で、日常の食事では口にできない代物だ。
結局、朝はイクラの食べ比べ。 夜は辛子明太子の食べ比べとなった。
こんな贅沢な食生活をしていていいのだろうか。
いいのだ。
贅沢は、できるときにしておかないと、
今後、いつできるという保証はないのだから。

とはいえ、今日からは少し控えめにしようか‥‥。
PR


コメントの投稿

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック


トラックバックURLはこちら