忍者ブログ

北の我が家

2013 北海道滞在中の些事片々

[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 09/25/06:03

夏祭り


北部九州などでは梅雨が明けたという。
タイミングを同じにして、ここ新冠でも夏の訪れを告げる
「にいかっぷ ふるさと祭り」 が開催された。
津波時の避難場所になっている海岸の氷川神社の祭りだが、
19日が宵宮祭り、20日が本祭りだ。
神輿が練り歩き、新冠判官太鼓などが披露されたが、
呑兵衛には二夜連続のビアガーデン詣で、だ。

昨夏の静内での祭りもそうだったし、
今夏の三石の蓬莱山まつりでもそうだったが、
新冠のふるさと祭りを含めて、
北海道の祭りは内地の祭りとはまったく質を異にする。
広場にビールケースを並べ、板を渡してテーブルといすを造り、
周りを取り巻く出店から飲み物や食べ物を買ってきて、
家族や知り合いの単位で酒宴を始める。
中には、小学校の運動会さながらに、
寿司や揚げ物などを重箱ならぬパックに詰めて、
そのパックも6個や7個を並べて囲む家族もいる。

私が連想したのは、
中央アジアの街で夜毎、星空の下で繰り広げられる屋台バーが、
二日間の期限付きで出現した、かのような‥‥。
豚肉が焼かれて焦げる匂いが広場に充満しているのも似ている。
北海道の祭りには長い伝統はないけれど、
祭りに集まる人の数と盛り上がりは物凄いのだ。
新冠町は世帯数2700戸、総人口5700人の小さい町だが、
お祭り広場には、総人口の三分の一は集まっていようか。
そういえば、北海道と中央アジア、
気候も風土も共通する部分があるような‥‥。

こうなると、近隣で行われる祭りには悉く顔を覗かせなくっちゃ。
PR


コメントの投稿

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック


トラックバックURLはこちら